4月14日のトレード解説

4月14日、プロジェクト内で注目通貨に指定していたドル円のトレード解説をしていきます。

読み進めて頂く前に応援クリックお願いします(^_^)

まず、4時間足はMA収束後に緑ラインをブレイクし、さらに少し戻しが入った後に青ラインをブレイクしていますので綺麗な下降トレンドを形成しています。


1時間足は、青ラインブレイク後に綺麗な波を形成しながら上昇していき青ラインでサポレジ転換しています。

サポレジ転換後は赤ラインで下落の勢いが抑えられましたが、黄色四角でコマ足のようなボラの小さいローソク足を連発していることから明らかに上昇の勢いが弱いことが分かります。

さらに黄色四角で1時間20MAは上向きから横ばいになりつつありますし、4時間20MAが接近していますので明らかに売りに優位性が高いことが分かります。

なので、移動平均手法のエントリーパターンを利用してエントリーしていきます。

まず、 1時間足のピンク四角でパターンが1-①が発生していますのでエントリー可能です。

さらに、1時間の黄色四角を15分足で見るとMAが収束しておりパターン①-3が発生していますのでエントリー可能です。


エントリー後は少し時間がかかりましたが深い戻しが入ることなく下落していきました。

今日は以上になります。
この記事が参考になった方は応援よろしくお願いします(^_^)

現在、専業トレーダー育成プロジェクトを実施しています。(無料)

①私の移動平均線を利用した超具体的な手法をお渡しします!

この手法を極めれば安定して勝つことは難しくありません。手法の概要はこちら

②移動平均線手法で必要な環境認識をリアルタイムで配信します!

意識されるライン、注目通貨、相場の流れなど丸分かりになります。(シグナル配信ではありません。)

③参加者限定ブログにご招待します。

新たな手法やこのブログには書かれていない重要な情報を学ぶことができます。新プロジェクトなので、記事数は少ないですが徐々に増えていきます。

④あなたのエントリーを細かく添削します。(希望者のみ)

以上が企画の流れとなっております。

※12時間以内に返信します。

プロジェクト参加申し込みフォーム