デモトレードとリアルトレードの違い

デモ口座では勝ててたのにリアル口座では勝てないという方は多いと思います。

 

同じように思えますが、仮想のお金で取引するデモ口座と自分のお金で取引するリアル口座ではトレードの難しさは大きく異なります。

 

読み進めて頂く前に応援クリックお願いします(^_^)


にほんブログ村 為替ブログへ

 

私は、1000通貨でもいいので初めからリアルトレードをした方がいいと考えています。自分のお金が増減した時にどのような感情になるのか理解した上で、トレードすることが非常に重要だと思います。

 

 

投資資金の違い

 

デモトレードは仮想のお金なので、トレード資金が莫大です。

 

当然ですが、投資は資金が多い有利です。

 

損失を抱えても、莫大な資金があればナンピンしたり、戻ってくるまで待つことが可能になります。(絶対に行ってはいけませんが)リアルトレードでは資金に限りがあるのでそうはいきません。

 

どうしてもデモで取引したいなら、デモの資金をリアルトレードの資金に合わせて行った方がいいと思います。

 

 

 

リアルトレードは難しい

 

デモトレードは、自分のお金ではありませんので、損失を抱えても何とも思いませんがリアルトレードは自分のお金ですのでそうはいきません。

 

当然。リアルトレードでは欲が入ります。

「儲けるぞ!」という気持ちでトレードしていて

 

仮にレートが逆行しても、

 

「また戻ってくるだろう」

 

「自分のエントリーシナリオは間違っていない。」と

 

トレードに強いバイアスがかかるので、損切りが遅れて大きな損失を抱えてしまいます。

 

そして、損失を取り返そうと熱くなり無駄なエントリーをするという負のスパイラルに突入します。

 

突入後は、「根拠のない場所でエントリー、損切りはしないけど利確はすぐ」みたいな

 

トレードになりますのでさらに損失が大きくなります。

 

頭では分かっていてもミストレードをしてしまうのが、リアルトレードの怖さですね。

 

ビギナーズラック

 

デモトレードで勝てたのに、リアルトレードに変更したら勝てなくなった原因には感情の影響も大きいですが、ビギナーズラックで勝ててただけかもしれません。

 

デモトレードを長い期間行っている人はあまり多くないと思いますので、偶然その期間の相場が自分に合っていたのかもしれません。

 

特に、複数の時間軸を意識してトレードをしていない方は、このケースの可能性が高いと思います

 

「勝つ」といのは、長期間安定して利益を上げ続けることだと私は思っています。

 

利確すると、ついテンションが上がる気持ちは分かりますが、「勝てるトレーダー」になるには淡々と冷静な判断ができるように努めることが大切になります。

現在、専業トレーダー育成プロジェクト(無料)の参加者に私の移動平均線手法をお渡ししています。

下記のお問い合わせフォームからお申込みください (^^)


初心者にオススメの国内口座

DMM FX

国内口座開設数第1位。

全20通貨ペア業界最狭水準スプレッドで有名なFX会社です。

約5分で口座開設可能になります (^^)


専業トレーダー育成プロジェクトの参加はこちら(無料)

参加後の手順はこちらになります。

①リアルタイム環境認識配信用チャットにご招待します。

エントリー前の注目ライン、注目通貨、相場の流れなど丸分かりになります。(シグナル配信ではありません。)

②私の移動平均線手法をお渡しします。

この手法を極めれば安定して勝つことは難しくありません。手法の概要はこちら

 

③あなたのエントリーを細かく添削します。(希望者のみ)

環境認識・エントリー手法・エントリーパターンなどの具体的な添削が参加者に好評を頂いております。

 

以上が企画の流れとなっております。

※12時間以内に返信します。

プロジェクト参加申し込みフォーム