円安・円高がトレードに及ぼす影響

円高、円安とは?

よくニュースや、新聞などで、「アベノミクスで円安に!」というように
FXをしていない人でも、円高、円安という言葉を聞いたことはあると思います。
これからFXを始める人は、この「円高」「円安」について理解する必要があります。


にほんブログ村 為替ブログへ

 

では、そもそも円高・円安ってどういう意味なのか?
まず、円高とは、1ドル=150円から1ドル=100円になるような状態です。
1ドルのアイスを購入するときに、本来は150円必要だったのが100円で購入すること出来るので、円の価値が高くなったということになります。

 

円安はこの逆で、1ドル=100円から、1ドル=150円になるような状態で、
1ドルのアイスを購入するのに、150円必要になりますので、円の価値が低くなったことになります。

 

感覚的に1ドル=100円から、1ドル=150円になれば、数字が上がっているので円高のように思いますが、円の価値が下がっているので円安になります。
少しややこしいですが、FX取引をする上で重要なことですので覚えておいてください。

 

円高・円安は2種類の通貨の価値を表している

 

FXとは、2種類の通貨を交換・売買してその差損を目的とした金融商品です。

 

先ほど説明したドル円以外にもたくさんの通貨ペアが存在します。米ドル、円、ユーロ、ポンド、カナダドル、豪ドル、スイスフランなどがあります。

 

ドル円以外にもユーロ円、ポンド円、豪ドル円などの通貨ペアがあります。また、円を介さないユーロドル、ポンドドル、ユーロポンドなどもあります。

 

ドル円が円高と聞くと全ての通貨に対して円の価値が高いと思っている人がいますが、円高とはドルに比べて円の価値が高いという意味になります。

 

ドル円が円高だから、ユーロ円が円高とは限らないので注意しましょう。

 

FX取引における利益・損失の仕組み

 

FX取引は2国間の差損で儲けることを目的とした金融商品ですが、FX取引をしたことがない人はイメージしにくいと思います。

 

そうした方でも海外旅行に行った経験があれば、円をドルやユーロ、ポンドなどに両替したことがあると思います。FX取引は、海外旅行で両替したこととほぼ同じことをしています。

 

アメリカ旅行の資金の20万円をドルに両替したとします。(ドルを買ったのでドル買いになります。)この時の為替レートが1ドル=120円だとすれば、約1666.6ドルが手元に戻ります。

 

そして、一切お金を使わずに1666.6ドルを再び日本円に両替(円買)しようとしたとこと、円高が進んでおり1ドル=110円になっていました。

 

この場合は、1666.6ドル×110円=183333円となり、旅行前には20万円あった資金は円高が進んだ影響で183333円になってしまいましたので、16667円減少しています。

 

逆に、帰国後に円安が進み1ドル=130円になっていれば、1666.6ドル×130円=216667円となり、旅行前の20万円から16667円増加しています。

 

実際には海外旅行にいくと両替手数料をとられるので少し計算は複雑になるのですが、円高円安になれば円を買い戻したときに日本円に差が発生することは理解できたと思います。

 

なのでこれからFXを始める方は、このように円の価値が変動することによって生じる差を狙って売り買いしていくことになります。

 

円高・円安どっちが儲けやすいの?

 

株の場合は、基本的に買い注文のみですが、FXは売り買い両方の注文を出すことが出来るので、円高・円安の両方で儲けることができます。

 

2007年のサブプライムショック、2008年のリーマンショックが起こった時に急激な円高になりました。

 

サブプライムショックでは123円台だったドル円が110円台まで、リーマンショックでは106円台だったドル円は90円台まで下落しました。

 

円高になった原因は、世界の投資家の中で円は安全資産という風に認識されているので、世界が不況になれば円が大量に買われるからです。

 

だからと言って、円高=危ないと一概には言えなくて、サブプライムやリーマンの時に大きく円高に動くサインを早期に察知していた人は大きく動く前に売り注文を出して短期間で大きく儲けていますので、円高=チャンスと考える人もいます。

 

ただ、サムプライムやリーマンで大損して相場から退場させられた人が結構いることも事実なので、FX初心者の人からすれば円高=危ないということになるかもしれません。

 

そして、円安の場合は、円高とは違い急激に円安になることは少ないですが、スワップ金利を得ることが出来ますので、ポジションを中長期保有する適切に損切りが出来る人に適していると思います

 

結論、円高、円安でも人によっては、両方儲けることあれば、両方損をすることもあるということになります。

 

現在、専業トレーダー育成プロジェクト(無料)の参加者に私の移動平均線手法をお渡ししています。

下記のお問い合わせフォームからお申込みください (^^)

専業トレーダー育成プロジェクトの参加はこちら(無料)

参加後の手順はこちらになります。

①私の移動平均線手法をお渡しします。

この手法を極めれば安定して勝つことは難しくありません。手法の概要はこちら

②リアルタイム環境認識配信用チャットにご招待します。

エントリー前の注目ライン、注目通貨、相場の流れなど丸分かりになります。(シグナル配信ではありません。)

③専用ブログにご招待します。

新たな手法やこのブログには書かれていない重要な情報を学ぶことができます。記事は増えていきます。

④個人チャット内でトレードに関する質問を受け付けています。

環境認識・エントリー手法・エントリーパターンなどの具体的な添削が参加者に好評を頂いております。

以上が企画の流れとなっております。

※3時間以内に返信します。

プロジェクト参加申し込みフォーム