3月22日のトレード解説

3月22日、プロジェクト内で注目通貨に指定していたドルスイスのトレード解説をしていきます。

読み進めて頂く前に応援クリックお願いします(^_^)


にほんブログ村 為替ブログへ

まず、4時間足ピンク四角の部分でMA収束後に高値を切り下げて下落している状態です。

同時に、ヘッドアンドショルダーを形成いましたし、日足20MAも下向きでMA収束してたのでかなり勢いよく下落していきました。

ただ、月足は上向きですので、急上昇が入るリスクはあります。

 


その後は大きく下落した影響で、利確や新規の注文が入りづらくなり1時間足の黄色四角の部分ではボラリティリティが小さくなっています。

そして、赤四角の部分でMAも収束しており4時間20MAに抑えらている状態で、さらに高値切り下げ後にトレンドラインもブレイクしています。

3月21日はポンドドルのエントリー解説をしましたが、ドルスイスもエントリーできる場面でした。


そして、MA収束後にトレンドラインブレイク後さらに青四角の部分で高値切り下げていますのでさらに下落する可能性が高くなります。

その後、直近の安値(ピンクライン)ブレイク後に波を作りながら戻し入り、紫四角の部分で1時間20MAに抑えられ、4時間20MAの乖離もあまりないので5分足でエントリーポイントを見つけていきます。(エントリーは移動平均線手法のパターンを使用します。)


エントリーはまず、紫四角の部分でパターン①-1が発生していますのでエントリー可能になりますが、15分足20MAが上向きでしたのでリスクは少し高いエントリーになります。

結果的には、下落するまで時間はかかりましたが損切りになりませんでした。

また、オレンジラインブレイクでもエントリー可能です。15分足で認識てきるパターン①-1が発生しています。

次に、赤トレンドラインを利用してパターン4-①でもエントリー可能になります。

さらに、赤トレンドラインブレイク後に、ピンクのトレンドラインが引け、ピンクライン(直近の安値)で反応後にピンクのトレンドラインをブレイクしています。

パターンが発生していませんが、赤トレンドラインブレイク+ピンクラインでサポレジ転換がしていますのでピンクのトレンドラインブレイクでエントリー可能です。

エントリーは1分足のローソク足が確定後がオススメです。

現在、専業トレーダー育成プロジェクト(無料)の参加者に私の移動平均線手法をお渡ししています。

下記のお問い合わせフォームからお申込みください (^^)


初心者にオススメの国内口座

DMM FX

国内口座開設数第1位。

全20通貨ペア業界最狭水準スプレッドで有名なFX会社です。

約5分で口座開設可能になります (^^)


専業トレーダー育成プロジェクトの参加はこちら(無料)

参加後の手順はこちらになります。

①リアルタイム環境認識配信用チャットにご招待します。

エントリー前の注目ライン、注目通貨、相場の流れなど丸分かりになります。(シグナル配信ではありません。)

②私の移動平均線手法をお渡しします。

この手法を極めれば安定して勝つことは難しくありません。手法の概要はこちら

 

③あなたのエントリーを細かく添削します。(希望者のみ)

環境認識・エントリー手法・エントリーパターンなどの具体的な添削が参加者に好評を頂いております。

 

以上が企画の流れとなっております。

※12時間以内に返信します。

プロジェクト参加申し込みフォーム